インフォメーション

インフォメーションは35あります
21~30件を表示
  • 内容 お客様は自分が気に入った相手からは、特別な存在として扱って欲しいと思うのが普通の心理です。
    男性が喜ぶひと言をかけることが出来るかどうかで、指名本数も変わってきます。
    男性客は自分が特別視されていると思うほど、そのお店に通うものです。

    女性キャストはお客様を接客する際には、“特別感”を大事にして接客をするように心がけてみてください。
    お客様が優越感に浸れるようなフレーズを大事にして接客をしている女性キャストは指名本数も伸びてきます。

    営業メールを送る際にも特別感は重要なポイントです。
    たとえば、一律に同じ文章のメールを送るのはNGでお客様の名前を入れるのはもちろんのこと、今日聞いた〇〇の話は一番楽しかったなどの特別感のある文章を送られると、男性客は心がときめくものです。
    営業中はもちろん、営業時間外のLINEやメールでのコミュニケーションもしっかり特別であるということを強調して接すること・・・
    • 詳しく見る
  • 内容 女性キャストはお客様に名前を覚えてもらうことがお仕事の一つであり、名前を覚えてもらえないと、連絡先交換をしても返信してもらえませんし、次回来店されても指名に繋がってきません。
    ありきたりな名前にしてしまうとインパクトがないので、苗字を特徴的な姓にするなども効果があります。
    また、誰もが知っている芸能人の名前と同じにするのも一つの方法です。
    名前が特徴的だと初めて席について、名刺を渡した時に源氏名のことで盛り上げることもできます。
    席についた時にすぐにお客様に名前を覚えてもらう方法としては、名前の由来を話すことが記憶に残りやすく効果的です。
    ほかには、簡単なキャッチフレーズを用意しておき、お客様にキャッチフレーズを交えて名前を覚えてもらうという方法です。
    お客様に名前を覚えてもらう方法は色々あり、どの方法が良いかは自分で試してみて感触を掴んでいくしかありません。
    ただ、覚えやすい名前であることは、・・・
    • 詳しく見る
  • 内容 場内指名を取るには、ノリの良い接客が出来るかが重要です。

    フリーで来店されたお客様は、指名をするお気に入りの女性キャストが見つかっていない状況ですので、席についた女性のノリが良く“楽しい”と感じてもらえれば、場内指名に繋がることが多いです。
    外見がどんなに綺麗な女性キャストでも会話が盛り上がらないようでは、場内指名に繋がってきません。

    ノリの良い接客のポイントは、お客様へのボディタッチと密着した接客です。
    手をお客様の膝の上にのせたり、腕を組んだりなど密着した接客をすることが出来れば、お客様の気分を高めることが出来ます。
    楽しい時間を過ごしたいと思って来店されているお客様には、女性キャストがお客様を楽しませることが出来るかが、ポイントになります。
    ただし、接待で来られているお客様であれば、密着した接客は好まれないため、付いた席の空気を読むことが大切になります。

    あと、場内指名は「女性・・・
    • 詳しく見る
  • 内容 同伴に行くことは指名アップのために非常に重要なことです。
    同伴はその日にお客様と一緒にお店に出勤することになるので、確実に指名をしてくれるため、指名数アップに繋がります。
    お客様は素敵な女性とは、店内だけでなく店の外でも一緒に時間を過ごしたいと思うものなので、同伴指名をされる女性キャストは、それだけ外見も内面も魅力的だということです。

    いざお客様と同伴に行く場合は、お化粧や服装に気を配ることも大切です。
    キャバクラやクラブで働いている服装とは変えるのはもちろんですが、私服でも自分が魅力的に演出できるような服を選んで下さい。
    どんな時でも見られているというプロ意識を心がける必要があります。

    同伴の誘い方がわからないという女性キャストは少なくありません。
    同伴をしてくれそうなお客様には、こちらから同伴に誘うのも良いですが、お客様から誘わせるようにするのがコツとなります。
    まずは、同伴であれ・・・
    • 詳しく見る
  • 内容 女性キャスト同士の仲が良い店は働きやすいことが多いです。
    キャスト同士の指名本数の争いがあるので、周りはライバルであり、同僚という見方をできないこともありますが、同じ職場で働く女性キャスト同士なので、本来は良い関係であるべきです。
    女性キャストから嫌われてしまうと働きにくくなり、それがきっかけで辞めてしまうケースもあります。

    まず心がけないといけないことは、自分が売れっ子になっても、初期の頃と態度を変えないことです。
    立場によって態度を変えてしまうと、夜の世界に限らず世間では信用されません。
    ほかには、人を落とし入れるような発言や行動は慎むことです。
    指名争いに勝つことは自分の収入アップにも繋がるので、必死になるのは当然ではありますが、相手を落とし入れる行動をして勝っても、お店のスタッフやお客様はしっかり見ているので、信用されなくなってしまいます。
    相手を気遣うような発言や行動を心がけると、・・・
    • 詳しく見る
  • 内容 キャバクラでお客様に営業のメールやLINEを送る時に気を付けないといけないことは多々あります。

    まずは誰にでも使い回しができる文章は良くありません。
    「今日はありがとう。またお店に遊びに来てね。」といった内容はほかのお客様にも使いまわすことができ、お客様の印象には残りません。

    お客様の印象に残るメールにするには、特別感が大事です。特別感があるメールはお客様がまた来店する気にきっかけになるので、文章にお客様の名前入れたり、会話した内容を盛り込んだり工夫をすることを意識して営業メールをしてください。

    お客様の性格を把握した上であえてセオリーと逆な営業メールをするのも一つの手です。
    ほとんどのお客様は営業メールとあきらかにわかるメールを嫌うのですが、「ナンバーワンになりたいからお店に来店してほしい」とストレートに伝えると、応援をしたいという気持ちになり、お客様の来店に繋がるケースもあります。
    ・・・
    • 詳しく見る
  • 内容 キャバクラやクラブではお客様に電話をして営業をすることは昔から効果的な方法ですが、電話営業の方法を間違えてしまうとお客様を不快にさせてしまうので、正しい電話営業の方法を知ることは非常に重要です。

    最近はLINEやメールでもお客様とコミュニケーションが取れてしまいますが、電話で直接話をする方が絶対に効果的です。
    多くのキャストも電話をかけるよりもメール等の方が楽ですから、電話よりもメールやLINE派が多くなっています。
    でも、実はナンバークラスの女性キャストは断然電話派が多いです。

    ただし、お客様に電話営業をする時に忘れてはいけないのが、お客様の都合を考えることです。
    お客様がお仕事をしている時間帯は電話に出られないケースが多く、既婚者のかたはご家族と一緒に過ごしている時間や曜日は電話に出れないので、お客様の環境に応じて曜日や時間帯を考えて電話をするようにしてください。
    電話営業の方法を間違・・・
    • 詳しく見る
  • 内容 キャバクラやクラブの面接でNGなことがいくつかあります。
    身分を証明する書類を持たずに面接に来る女性は多いですが、本籍が記載された住民票、パスポートなどナイトワークをする際に必要な書類は面接時に持っていくようにしてください。
    必要な書類については、別ページの『入店時に必要な持ち物』(http://www.kyabajob.jp/information/detail/key/6/)を確認してみてください。

    キャバクラやクラブでは、18歳未満の雇用は法律で禁じられており、お店側も年齢の部分は注意しています。
    身分を証明できるものがあってこそ採用されるのであり、どんなに良いかたでも身分が証明できないと採用はされません。
    面接の日に体験入店をしたい場合は、必ず書類がそろっていることが採用の条件になります。

    遅刻も厳禁です。いちがいには言えませんが、キャバクラで勤務している女性は時間にルーズな多く、・・・
    • 詳しく見る
  • 内容 キャバクラやクラブの面接ではよく聞かれる質問があります。
    どのお店でも聞かれる質問は、事前に受け答えを想定し、スムーズに返答ができる方が良いです。

    良く聞かれる質問の一つは、キャバクラで働くうえで目標かあるか、それは何かということです。
    キャバクラは人の入れ替わりが激しい仕事です。
    嫌なことや辛いことがあっても何か大きな目標があれば、少々嫌なことがあってもきちんと前を向いて働いてくれると面接官は感じるので、「お金を稼いで贅沢をしたいから」という目標でも問題ないので、きちんと答えるための準備をしてください。

    週に何日出勤ができるかということも必ず聞かれる質問の一つです。
    週に働く日数が少なくても不採用とはならないので、しっかりご自身の希望を答えるようにしましょう。
    一番面接官のかたが困るのが、いつ出勤出来るかわからないという返答です。
    一般常識で考えみると、面接に行ったのに週に何日出勤で・・・
    • 詳しく見る
  • 内容 面接の際には話し方も重要で、採用されるかどうか、時給をいくらにするか面接官が見ているポイントになります。
    キャバクラやクラブなどの夜の業界だからといって、どんな話し方でも良いという訳ではありません。

    面接の際には、お客様としっかり会話をすることができるかを採用基準としているのでタメ口はNGです。
    キャバクラの面接に来る若い女性には、終始タメ口で話をする方もなかにはいますが、ほとんどの場合は不採用となってしまいます。
    タメ口が癖になっているかたは、良い機会だと思って敬語を話せるように練習してから面接に挑んでください。

    ギャル系を売りにしているキャバクラで働く場合は、敬語を話せなくてもお店のコンセプトに合っているので採用されることがあります。
    ただし、あまりに行き過ぎたギャル語はNGです。
    ギャル語を知っている友達同士で話す分には問題ありませんが、あくまで面接であるということを意識していない・・・
    • 詳しく見る
21~30件を表示
ページの先頭へ